google-site-verification=WCo1D455jTZmsl5vyYiOdllwDlbVEUZvO4V86OSid88

心理

【考察】なぜオタク男は声が高いのか【鍵になるのは身長】

更新日:

【考察】なぜオタク男は声が高いのか【鍵になるのは身長】


こんにちは。キモ=オタクです。

今回は個人的にずっと気になっていたことを散歩しながら考えていたら「ん?」となったので、それについて記そうと思います。


目次

  • オタク男は声が高い?
  • 声が高い理由【仮説】
  • 身長の長さで何が違うのか
  • 結論:非リアはオタクになりやすい
  • とはいえ


オタク男は声が高い?


僕の1番の趣味はプリチャンですが、それと同じくらい愛してやまないのがTCG(トレーディングカードゲーム)です。


遊戯王とか、デュエルマスターズとか、最近では有村架純広瀬すずさん(すみません間違えてました)がCMに出演されているポケモンカードなんかが人気ですね。


TCGは専門店であるカードショップが存在します。僕の家の近所にもカードショップはあるので、よく行きます。


で、その度に思うのですが、カードショップの客としてきている人たちってかなりの割合で「声が高い」んですよね。


最初は偶然かな?と思ったのですが、大学でも声がうるさいオタクグループの会話の中心になっている人は結構な割合で「耳が痛くなるような(男性にしては)高めの声」でした。


これには何か共通点があってもおかしくありません。


(この記事では男性のオタクのみを考えています。女性のオタクは情報を持っていないので考えられませんでした)


声が高い理由【仮説】


声が高さに深い関係を持つステータスが「身長」です。

僕はこの身長こそがこの疑問を解決させる鍵になると考えました。

それについて説明します。


そもそもなぜ声が高いのでしょうか。

人間の声というのは声帯に息をぶつけることで出てきます。


つまり、基本的な仕組みは楽器と同じわけです。


ここで、楽器について考えてみましょう。

トランペットとホルンを比べるとわかりますが、「大きい楽器ほど出る音が低くなる」傾向にあります。


これはヴァイオリンとチェロでもそうですし、楽器には大体当てはまる法則的なものです。


人間の声帯に応用できない道理はありません。

現に、僕は背が180cmあるのですが、声が低いです。どれくらいかというと、6年ぶりくらいに会った友人に「声低っw 誰だよお前w」と言われるくらいです。


つまり、「声が高い人は声帯が小さい=体が小さい=身長が低め」という式が成り立つわけです。


身長の長さで何が違うのか


ズバリ、「リア充になりやすいかどうか」です。今度はこれについて説明します。


上記でオタク≒背の低い人ということを示しました。

しかし、ならばなぜ身長の低い人がオタクに多いのでしょうか。


おそらくこれはリア充になりやすいかどうかが関係していると思うのです。


関係が長いことうまくいくカップル(※)には、どれくらいの身長差があるのか?というのを調べた研究があるのですが、それによると、上手くいくカップルは以下の条件を満たしている場合が多かったそうです。


(※)対象にしたカップルは男女のペア

  • 男性は女性より背が高い
  • 両者の身長差が10〜15cm程度であること


つまり、恐ろしい話ではありますが、女性は

「自分より身長の低い男性を恋人として見づらい」ということになります。


なので、

背の低い人で本当に魅力のある人はカップルになって抜けていく

そうでない大多数は売れ残る

背が高くない人の割合が増えていく


というわけですね。


ちなみに、気休めにもなりませんが「15センチよりも差がある人」もまた、恋愛対象になりづらいようです。


身長は低くてもリア充にはなれず、高すぎてもなれないようです。


どうでもいいですが、僕も生まれてこのかたずっと非リアです。安心してね。

結論:非リアはオタクになりやすい


身長が女性と噛み合わないとカップルになれません。

カップルになれないと、「カップルになろう!」という気力も無くなってくるので、努力をしなくなります。


するとますますモテなくなるので、よりカップルになれなくなります。


そうやって非リア・トーナメントを勝ち残ってきた精鋭がオタクになるのですね。


……というのが僕の仮説です。

検証する気はありませんが、あながち的外れということもないのではないかと思っています。


というわけで、結論は以下の通り。

  • モテない人には極端に背が低い人と高い人の2種類がある。
  • 背が低い人は声が高く、背が高い人は声が低い。
  • モテない人はオタクになりやすいので、必然的に声がめちゃくちゃ高い人とめちゃくちゃ低い人の二極化となる。


とはいえ


もちろん例外もあります。

僕の知り合いでも「自分、彼女持ちですが?w これでもオタクですよ?w」みたいな人もいますし。


統計とか調査結果みたいなものはたしかに再現性がありますが、それは完全にとまではいきません。


というか、この仮説が本当だったとしてだからなんだよって感じですね。


たしかに恋人がいれば楽しいことも多いかもしれませんが、それと同時に面倒ごとも増えるはずです。


気を使わなければならないことが増え、やがては精神を病んでいくでしょう。


なので僕は、リア充を全く羨ましいと思いません。

むしろ「僕は非リアで本当に良かった!」と毎日思いながらいきてます。


僕が非リアじゃなければ、現状に不満を抱いて生きることもなかったので、今ほど本を読んだり勉強したり考え事をしたりする人間には絶対になりませんでした。


「毎日幸せだな〜」なんてのんきにボケ〜っと生きるくらいなら、僕はメンヘラになってでも思考し続ける人でありたいです。


だから恋人なんていりません。


恋人なんていりませんが今後VRで擬似恋愛できるソフトが出たら欲しいです(本音)。

DMMさんには是非頑張っていただきたいです。

追記:関連記事ができました

-心理
-

Copyright© プリティー心理ズム , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.