google-site-verification=WCo1D455jTZmsl5vyYiOdllwDlbVEUZvO4V86OSid88

プリティーシリーズ 心理

【プリチャン】白鳥アンジュから学ぶ上手な生き方、働き方

更新日:

【プリチャン】白鳥アンジュから学ぶ上手な生き方、働き方


こんにちは。@kanamenamename です。

Twitterアカウント


質問箱

https://t.co/2eeuW2vn6r


今回取り扱うテーマは生き方というか働き方です。

結論を先にいうと、白鳥アンジュさんみたいな生き方をするのが賢いかなというお話です。

お前が言えた話か?という気もしますが、とりあえず形にしてみたいと思います。


目次

  • 発端
  • 白鳥アンジュの生き方
  • 働かずに生きていくことは可能か
  • 不労所得の種類
  • 趣味で稼ぐ
  • 僕は趣味でお金が欲しいです【本音】
  • そもそもなぜお金が欲しいのか


発端


この記事を書くことになったキッカケは、質問箱に頂いたこの質問です。


(基本的に頂いた質問にはすべてTwitterでお答えしていますので、ぜひご覧ください。

質問、質問以外問わず常時募集中です)

働くべきか迷っている

とのことなので、この文面から考えられるのは

  • 働く以外にも別の選択肢がある(例えば高校生3年生など)
  • 起業とか、ビジネスを始めるとかではない
  • 切迫した状況ではない(働かなくても何とかなる)

という3つの要素を持った状態なのではないでしょうか。

正直な話、やりたくない仕事をするのは生活をするためなので、

問題なく生活できるなら働かなくていいと思ってます。


白鳥アンジュの生き方


キラッとプリ☆チャンというテレビアニメに、白鳥アンジュというキャラクターがいます。


彼女はトッププリチューバーで、まぁ現実世界でいうところのYouTuber的な立ち位置のキャラクターです。


僕の中では

白鳥アンジュのような生き方が最も賢い生き方だ

という認識をしています。


白鳥アンジュ(あるいはYouTuber)の生き方が賢いと思う理由を並べてみます。


①寝てても収入が入ってくる【不労所得】


普通にアルバイトや社員として働いている場合、

1時間働いたら1000円とか、1ヶ月働いたら100000円みたいに、働いた分だけお金がもらえます。


しかし、それは

働かなければお金はもらえない

ということなので、お金をもらい続けるには働き続ける必要があります。


一方、動画投稿などの広告収益はそうではありません。


動画を撮影して、編集して、投稿し、拡散する。

ここまでは労働です。

しかし、そこから先は労働ではありません。


投稿しておきさえすれば、再生数に応じてお金が入ります。

しかし、

動画が再生されている時、投稿者側が何かしなきゃいけないことってないですよね。


生放送とかならリアルタイムでやらなきゃいけないですが、動画ならアップロードして置いたら、あとはほったらかしてても勝手に再生されて勝手にお金を生み出してくれるワケです。


ちなみにこういう

働かないで得られる収益のことを不労所得

と言いますが、あとで不労所得もいくつか紹介します。


②仕事が仕事を生み出す【タイアップ】


有名なYouTuberの人ってテレビに出てたり、テレビCMに出てたり、あとはイベントに出てたりすることがありますよね。


現在ではテレビ広告よりネット広告の方が効果が高いというデータが出ているので、

多分、こういうことは今後減っていくとは思うのですが

企業から直接依頼を受ける

ということは増えると思います。


例えば、今でもよくあるケースとして

「あなたの動画で、わが社の製品をレビューしてください!」と言って製品を送りつけてもらったりとか。


しかも、そうやって

あの企業とタイアップしたという実績を持つ

ことによって他の会社も

「ウチも頼んでみようか……」という空気になり、結果、さらにタイアップが増えることになります。


つまり

仕事が次の仕事を呼び込んでくれる

という、自分が今までやってきたことが資産になる状態ですね。


③自社製品の販売【自分自身がブランド】


大部分の人はそうだと思うのですが、

憧れている人と同じモノを欲しいと思ったりしませんか?


白鳥アンジュさんのライブを観て

いいね♡超いいね☆と思ったら、多分プレシャスミューズ(白鳥アンジュさんが着てるブランド)のコーデが欲しくなると思います。


ちなみに、こういう憧れている人と同じことをしたり、同じモノを欲しがることを

心理学では同一視・同一化と言います。


そういう心理をうまく利用すると、無限に富が増えていくことになりますね。


まぁ、プレシャスミューズは白鳥アンジュさん所有のブランドではないので、例としては微妙ですが……。


一番いい例えが、プリパラの華園しゅうかさんです。


しゅうかさんはリッチビーナスというブランドのコーデを着ていますが、リッチビーナスはしゅうかさんが経営しているお店です。


なので、しゅうかさんのファンはリッチビーナスのコーデをたくさん買ってくれます。


そして、リッチビーナスの商品の質が高ければ、単に「しゅうか様のお店だから〜」なんて理由で買っていただけの人たちも、やがて

「リッチビーナスの商品は質がいいから買う」という考え方にシフトしてきます。


こうなると完璧にリッチビーナスの虜。

心を完全に掴んだと言えます。

その後は口コミやレビューなどでさらにお客さんは増えていくでしょうね。


実在のYouTuberの方だと……すみません、

YouTuber全然詳しくないのでわかりません(^◇^;)


でも有名なヒカキンさんとか、あとゲーム実況で有名な弟者さんとかは、

自分のLINEスタンプを販売したり、グッズを売ったりしてますよね。


ああいう感じで、例えば自分の書いた本を宣伝するとか、作った商品を紹介するとかしている人は多いんじゃないかなと思います。


ひとまず、まとめましょう。

白鳥アンジュさんの生き方

①寝てても収入が入ってくる【不労所得】

②仕事が仕事を生み出す【タイアップ】

③自社製品の販売【自分自身がブランド】

これがアンジュさんの生き方です。


働かずに生きていくことは可能か


世の中では

楽しくないことが“働く”ということだ

みたいな風潮があります。


さらに日本では

苦労することが美徳

みたいな考え方もあるので、二重苦のキツいコンボが発生しているという感じがします。


この考え方を持ってしまうと、その果てに待ってるのは過労死だったり精神病理だったりするので、かなり危険です。


大事になってくるのは

今までと同じくらいの収入を得るために、かけている負荷を減らす

ことで、


自分が楽をできるように生きる、というのがキーになるなと感じます。


これを突き詰めて行った先が、“働かない”で生きていくことであり、アンジュさんのような生き方ということですね。


※好きなことを仕事にして、そのままそれを好きで居続けるという方法もあります。


そういう生活を実現するために、どうしても欠かせないものがあります。

それが先ほどもあげた不労所得です。


不労所得の種類


不労所得は先ほども書いたように、

自分がその時に働いていなくても入ってくるお金

です。


YouTuberにとっては動画ですし、投資家にとっては株、絵本作家にとっては絵本作家です。


しかし、これらの不労所得はスキルが必要なので、あまり実感を持ってイメージできないかもしれません。


なので、上記のものよりも簡単に手に入れられそうな不労所得を挙げてみましょう。


①家族に養ってもらう


親や兄弟姉妹に養ってもらいます。

家族の財布や貯蓄からはお金が減りますが、自分のところからは減りません。

子どもの頃は多くの方がこれを実践していると思います。


②友人に養ってもらう


友人の家に転がり込んで、養ってもらいます。

ヒモです。


③恋人に養ってもらう


恋人の家に転がり込んで、お世話になりましょう。

ヒモです。


④プロ奢られヤーとして生きる


みんなにおごってもらって、それで生計を立てます。

人望のある方ならいけるかもしれません。


⑤生活保護を受ける


ある意味ではこれも不労所得です。

ただし、これをやってしまうと他の手段で収入を得るのが難しくなるので、もうどうしようもない状況以外では使わないほうがいいと思います。


⑥商品を作って売る


自社製品からYouTubeの動画や、ブログの記事なども含みます。


結構難しく考えられがちですが、一昔前にはメルカリで「折っただけの一万円札」が売られたりしていましたよね。


あれは良くないことではありますが、考え方としては面白いなと思います。


あんな簡単なことでも、一応売れるわけですし。


もっと言うと、トイレットペーパーの芯とかを「図工の工作で使える材料」という名前をつけて300円くらいで売っている人とかも見かけましたし、

発想の仕方によっては

どんなものでも売り物になると思います。


ただし、それだとただの収入でしかありません。

大事なのはそれをどうやって自動化するか、です。


例えば、この自動化の手段として

他の人にお金を払ってやってもらう

という方法を取っているのがいわゆる会社です。


まとめると

①家族に養ってもらう

②友人に養ってもらう

③恋人に養ってもらう

④プロ奢られヤーとして生きる

⑤生活保護を受ける

⑥商品を作って売る

となります。


趣味で稼ぐ


しかし、どうしても不労所得を得られないならどうすればいいんだろうと考えてしまいます。


そうなったらもう趣味で稼ぐしかないですね。


例えばゲームが趣味なら、パッと思いつくだけでも

  • ゲーム実況
  • ゲームレビュー
  • ゲーム開発
  • ゲーム販売

など、いくつかありますね。


ゲーム実況をしよう!と思っても

  • e-Sports選手を目指す競技プレイヤー(ガチ勢)向けにするか?
  • あくまでも娯楽として楽しむカジュアルプレイヤー向けにするか?
  • それとも攻略動画などのような初心者向けにするか?


など、どこの層を狙うかは別れます。


ゲームレビューも、

  • 商品そのものをレビューする
  • E3などのゲームイベントにいき、レポをする

ゲーム開発も

  • 会社に入って作る
  • unityなどを使って個人で作る


ゲーム販売も

  • 会社に入って売る
  • SteamやApp StoreやGooglePlayStore などで売る


と、選択肢は沢山あります。

さらに、今は存在しない選択肢も、今後はどんどん増えていくでしょう。


趣味をどうにかして

誰かに提供できる形にすれば、それは収益につながります。


※この辺の話は過去記事でもしましたね。


自分にはスキルがないから……とかで尻込みしてしまうことも多々あるとは思いますが、

YouTubeライブやニコニコ生放送などを見ていると

そんなに面白くなくね……?

みたいな人でも投げ銭をもらえたりしています(失礼)。


なので、そんなに高い基準を目指さなくてもとりあえずやってみることが大事なんじゃないかなと感じます。


現に僕も、

ブログの書き方とかあまり知りませんし、

心理学の知識だって普通の人に毛が生えた程度でしかないでしょうし、

プリティーシリーズに対する考察ももっと深くまで考えている人が山ほどいます。


ですが、それでもやっているうちにスキルも上がってくるでしょ

という期待を持って始めました。


自信なんかないけど、とりあえずやってみた!の精神です。


これを読んでいるあなたも、何かやってみたいことがあるなら、僕と一緒にやってみた!しませんか?


僕は趣味でお金が欲しい【本音】


僕は趣味でお金が欲しいです。


意地汚いかもしれませんが、本当のことなので、嘘もつきたくないですし、しょうがないです。


ブログをこうして始めたのも、ブログで収益を得たいと思ったからです。


実のところ、本当はYouTubeを始めようかと思っていました。

2020年には現在の4G回線が5Gになり、回線のスピードが今とは比べ物にならない速度になるそうです。


どれくらいかというと

外で一日中YouTubeを見ていても速度規制にならないレベルらしいです。


そうなると伸びるのが、映像など大きなデータのやりとりをする分野です。


例えば、

  • VRをWi-Fiなしでできるようになったり
  • 大阪と東京でテレビ通話してもラグがなくなったり
  • 音楽や映画を端末本体に入れておく必要がなくなったり(いつでもクラウドから引っ張り出せるため)

など、あまり詳しくない僕でも色々と妄想できます。


その時に伸びてくるのが、まず

VRによる擬似的な旅行や、物件の下見、

テレビ通話を使った遠距離からのロボット手術、そしてYouTubeなどの映像系。


ですが、あいにく僕にはYouTubeをやれるだけの覚悟と、スキルがありません。


スキルはやり続けることで伸びていくとは思うのですが、正直何をやったら良いのかわからないし、そのための覚悟がない状態です。


とはいえ、何もしないでいるのはもったいないので、とりあえずブログを始め、

どういうことをすれば見た人が喜んでくれるか

を調べたいなと思い、こういうことを続けています。


そもそもなぜお金が欲しいのか


あなたはお金が欲しいですか?


お金が欲しい!というと白い目で見られがちな世の中ですから、これは答えにくい質問ですよね……。


僕はあえてこう言います。

「お金が欲しいです」。


人間は、自分の口から出た言葉が嘘かどうかを判断できないらしいので、

本心と違うことを自分に言い聞かせると脳が混乱してしまいます。


なので僕は自分の感情には嘘をつきたくありません。


というか、正当な理由があっても

お金が欲しいなんてけしからん!

みたいに批判する世の中だと、豊かになれる人がどんどん減って辛い世界になると思います……。


そもそも、なぜ僕はお金が欲しいのかというと、

自分の人生を自分のやりたいことに使い切りたいから

です。


例えば生活に困っていたら、バイトなどをして稼ぐ必要があると思います。


そのバイトで1日5時間くらい働くとして、

週4回でシフトを組んだら1ヶ月で16回は確定で出ることになります。


そうすると

5×16=80 となり、1ヶ月で80時間を失うことになります。


もしこの80時間を、自分の練習したいことに当てられたなら、そうしなかった場合とそうした場合とでは大きな差がつきます。


80時間でそこまで変わるか?と思われるかもしれませんが、例えばアクションゲームなどで

  • プレイ時間が80時間の人
  • プレイしたことない人

が競ったら、多分前者が勝ちますよね?


80時間時間でも差は十分に開いてしまいます。


僕はそれが怖くてたまりません。

自分の時間を最大限に使い切れば到達できるかもしれない目標も、

使いきれるだけの余裕がなければ目標が目標のまま終わってしまうのです。


僕はとにかく

何者にもなれない自分に対して強いコンプレックスを抱いています。


そこから抜け出すために全力を尽くしたいと考えているので、そのためにはどうしても

余計なことに時間を割かなくて良いぐらいの地盤が欲しいなと感じます。


これを読んでいるあなたはどうでしょうか?

僕は普段人と絡まないので、他人の話を聞く機会が全くありません。


Twitterでも、質問箱でも良いので、聞かせて頂けたら嬉しいです。

(質問箱は返事をするとTwitterのTLに流れてしまうので、

流してほしくない場合は「返事しないでください」などと付け加えてくださると助かります)


最後に、僕がこんな風に考えるきっかけになった本をいくつか紹介して終わろうと思います。


金持ち父さん貧乏父さん

ベタですが、金持ち父さんです。

自分は将来、普通に就職して安定できると信じて疑いませんでしたが、これを読んでゾッとしました。


好きをお金に変える心理学

↑これも何度か紹介していますが、本当に良い本です。ブックオフとかで見かけたら、チラッとだけでもいいので読んでみて下さい。


マインドセット

↑基本的にどの領域でも使える考え方です。

少し前に、これについての記事を書きました。

何度でも言いますが、大事なのは

やってみた!の精神なんだと思います。


「やってみたいなぁ〜」という希望ではなく、

「やってみようかなぁ〜」なんていう曖昧な宣言でもなく、

ただ、「やってみた!」という事後報告。


これにこそ意味があるのだ、ということをプリチャンは伝えたいんじゃないかな、と思います。


悲しいことですが、

思考では現実は変わりません。行動だけが現実を変えうるのです。


僕はこの人生でそれをよく知りました。


なんでもやってみましょう。

暗い未来を想像してしゃがみこむよりも、ずっとキラッと☆した人生を送れると思うので。


実際そうかはわかりませんが、それはやってみてどうなったかを確認してから判断することにします。


以上、おわりです

-プリティーシリーズ, 心理
-, , , ,

Copyright© プリティー心理ズム , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.