google-site-verification=WCo1D455jTZmsl5vyYiOdllwDlbVEUZvO4V86OSid88

プリティーシリーズ

ウィンターライブ2019行ってみた!【当日編】【プリパラ】【プリチャン】

投稿日:

目次

・前回に引き続き

・マイハミスト・ディズニスト

・グラフェス!とか呑気に言ってたら

・会場オープン入場スタート!だもん

・ライブ内容

・カラオケへ

・使った金額

・教訓

▶︎前回に引き続き

前回までのあらすじ、

【過去記事】

ウィンターライブを翌日にひかえて、

展示を見に行った!

今回はその翌日、つまりライブ当日の事について書きます。

▶︎マイハミスト・ディズニスト

朝。

電車に揺られて会場へ。

海浜幕張駅が最寄りとなるので、そこまで乗ったわけですが……

https://www.tokyodisneyresort.jp/tdr/access.html?yclid=YJAD.1576624425.Vwk7JIGdcq3e4.tcl_0CoB9_mzVXplhH3B9HWvT32IsbXM9G2FSsrkXgu7oCug–

海浜幕張の前の前の駅が、あの舞浜なんですよね。

しかもこの日は日曜日。

そう言うわけでマイハミスト・ディズニスト ギチギッチの缶詰ストでした。

人の波、怖いいね♡

7時15分くらいに到着。駅改札で友人と合流。

駅は人でごった返し、コンビニはおろか、トイレですら待機列の激混みでした。

▶︎グラフェス!とか呑気に言ってたら

会場に向かっていると、何やら立て札や垂れ幕などが沢山あります。

なるほど、グラフェスもこの日開催なんですね。

「グラブルすげ〜^_^」

くらいにしか思ってなかったんですが、

このグラフェスがすぐ後、僕たちライブ勢に牙を向く事になるんですよね。

それはライブ会場であるイベントホール前にて起きました。

列が外……????

ビックリ仰天!オッケー!(まったくもってオッケーではない)

去年存在していたブースは、今回グラフェスで使用されるため、物販が外でした。

【過去記事】

去年の様子

そして必然的に待機列も外。

気温5度くらいの中、文字通り震えながら待ってましたね……。

防寒具はしっかり用意して行くべきだったなと反省しています。

とはいえ、あまり多く持ち出すとかさばって邪魔です。

何か、かさばらなくて、しかも寒さを和らげてくれるようなアイテムがあればもって行くべきでしょう。

そうして得た戦利品がコチラ

帰ってきたままの状態

まずはTシャツ。定番ですね。

白を基調とした爽やかな色合いで、

なんだかいい感じです。

いや、ファッションとか全然わかりませんが。

冬場は流石に寒いですが、春になったら部屋着として着用したいなと思ってます。

次にパンフレット。これも定番ですね。

すごくシャレてます

他にも買いたかったのですが、

所持金8000円だったため、ここで終了。

(パンフレット2800円、Tシャツ2400円。服より高いパンフレットさん……)

本当はタオルも欲しかったんですが……目算を謝りましたね。

スッ

ぼく「?」

友人「これ、どうぞ^_^」

なんと手に入るはずのなかったタオルをいただいてしまいました。

本当にありがとうのかしこまでした。

この場を借りてお礼を申し上げます。

▶︎会場オープン入場スタート!だもん

でっけーパネルマジヤッベーフゥー!

さらに立ち並ぶフラワースタンドの数々。

エバーゴールドのは毎回すごい派手ですね

流石に全部は貼り切れないので、ぼくのTwitterアカウントで貼りつけておきました。

全部見たい方はそちらを参照ください。

ひと通りパシャリングステーションしたのちに席へ。

そしてすぐさまトイレに向かったのですが、すごく混んでました。

トイレに長蛇の列で、男子トイレでここまで混んでるの初めて見たぞってレベルでした。

さすが幕パリ!

……と思ったら並んでるのは個室トイレだけでした。

僕は小の方だったので、ガッツリだまされた(^◇^;)

トイレにはなるべく2人以上で連れションに行き、1人が様子を見に行く、というプレイングがおそらく最適解でしょう。

▶︎ライブ内容

※セットリストは有志の方が挙げてくださってるので、ソチラを参考にさせていただきます。

なんと言ってもコスモさんの新曲です。

アツい……❗️テラコズミッククール❗️

君100%を生で聴けただけでも感動なのに、そこからさらに新曲、しかも本邦初公開を聴けてしまう感動。

たまりませんわ。

とくに、新曲前のMC &コール。

山本さん「みんな〜?コズミック!」

聴衆「コズミック!」

山本さん「コズマックス!」

聴衆「コズマックス!」

山本さん「そんな感じでやってくんで、盛り上がって行きましょう!(^。^)」

山本さんのフランクっぷりがたまらんぷり……。

Blu-rayはやく欲しいです。

テラコズミックステキガールな山本さんをフォロー、しよう!(直球)

・三期決定

今回の発表は大まかに

1,ドレッシングパフェがオールフレンズに仲間入り!

2,プリチャン三期決定!

ぐらいで、去年ほど多くはありませんでした。

が、プリチャン三期決定の盛り上がり方はすごかったですね。

会場全体が歓喜のあまり叫んでました。

もちろん僕と友人も。

2020年がプリティーシリーズの10周年なので、「プリチャンには荷が重いのでは……?」

という判断から、今シーズンで終わる可能性すら示唆されてる状況でしたからね。

喜びもひとしお、と言うわけです。

・さらさんのダジャレ

若井さん「さら、だけにね!(キリッ)」

そのあと会場がノーリアクションだったのがニヤけてしまいました。

それでもカッコいいですよ、さら先輩。

先輩!好きッス!

・フレンドパスワード

ああああああああ!!!!!!!!

マジヤッベー……(語彙力アサヒ)

全部あげたいのはこっちの方だよ……。

これには思わず溶けるでちゅ……。

あの華麗なダンスを再現し、しかも素晴らしい歌声で歌い切っておられました。

ステキガール、プリズムボイスクマ……。

涙を堪えられませんでした。

佐々木さんはプリティーライブ初参戦とのことでしたが、その実力は他のキャストさん方にも引けを取らないレベルだったと思います。

まぁ、偉そうに言ってますけど僕そういうの全然わからないんでただの戯言ですが。

感動と笑顔で包まれたままに、ライブは終了。

——辛い現実が、始まる。

▶︎カラオケへ

まだ現実に帰るわけにいかない、ということで一旦東京駅に戻り、最寄りのビッグエコーに行ってきました。

https://big-echo.jp/shop_info/ビッグエコー八重洲本店

お目当ては当然、ライブダム最新機種。

ライブダム最新機種では、なんとアニメ映像が大量に収録されているのです。

https://big-echo.jp/room_facilities/live-dam-ai/

↑店舗はコチラからチェック可能

ぼく「あぁ^〜ここですねぇ」

友人「レッツイゴー^_^」

ぼく「3時間^^」

店員さん「3時間ですと……お一人あたり、3000円になります^_^」

!?

ぼく「(お値段可愛くありません……)じゃ、じゃあ2時間だといくらになりますかね?」

店員さん「2時間だと割引もつけましてお一人あたり1200円(室料)ですね^_^」

さすが都会。

格の違いを見せつけられた瞬間でした。

あと店員さんがやたら親切で、むしろ恐怖心を感じました。

大きな店舗だからなのか、東京駅付近の店だからかは知りませんが、

「それくらい丁寧にやらないとトラブルに見舞われたりするのかな」

「東京って怖いな」

と思いました。

早速部屋に入ると、そこには古いタイプのダム。

ぼく「そういえば最新機種でお願いしますっていうの忘れてた(^◇^;)」

流石に無理かな……?と思いつつフロントに

「最新機種のとこに変えることってできますか」

と尋ねると、なんと場所を変えてくださりました。

しかも対応もすごく丁寧で、これまた恐怖を感じました。

なんというか、病院の潔癖な白さが、かえって恐怖と死の気配を匂わせるみたいな。

何はともあれ、念願の最新機種にたどり着いた僕たち。

ぼく「何歌います?」

友人「何歌いましょうかね」

ぼく「とりあえず今日のセトリ全部行くぜ❗️」

友人「俺たちがプリチャン・プリパラアイドルだ——。」

細部は覚えてませんが、上記のような大変気持ち悪いやり取りをしたのちに、喉を潰す勢いで歌い切りました。

関係ないのも歌いました。

「絶対生命final show女」や「Miss.プリオネア」など思い思いの曲を歌いつつ、

最後は2人で「ま〜ぶるMake up aha-ha!」をデュエットしたり、「Make it !」合唱したりで楽しい時間を過ごしました。

楽しい時を作る企業、バンダイ。

その後、東京駅に戻り、プリズムストーンショップ東京駅店に行った後、感想を語り合ったりや雑談したりで過ごし、解散。

別れ際にトモチケを頂きました。

ありがとう……大切に使わせていただこうと思います……。

とりあえず1枚は晩ご飯に使いました。

紙、おいしいな〜!

▶︎使った金額

1日目

アニメミュージアム 500円

プリズムストーン  5000円

2日目

ライブ チケット 9000円

ライブ 物販   5500円

カラオケ     2000円

交通費

電車 片道 1200円 ×4

→定期利用のため実質 500円 ×4

バス 400円

合計 2万4400円 くらい

というわけで、今回のライブ前日、当日合わせての出費はこのくらいでした。

あとはこれに食事代もいくらか合わさって、だいたい2万6000円くらいといったところ。

あまり余計なものは買ってない(だいあぱんこと、だいあちゃんのぬいぐるみとか)でこのくらいの金額なので、

今度ライブとかにいく予定がある方は参考にしていただければと思います。

▶︎教訓

最後に今回のライブで得た教訓を並べて、この記事の締めとしたいと思います。

①冬なら防寒具やティッシュ、夏なら飲み物や日焼け止めをしっかり持っていくこと

→今回ほんとに寒かったです。厚着しろとは言いませんが、せめてヒートテック着てレギンス履くくらいはした方が良いと思いました。

「ファッションにかける金はない」という意見には同意見ですが、寒さ対策に関してはファッション云々じゃなくて生命に関わることですからね……。

②お金は多めに持っておくこと

→ライブ物販の物価は高めです。欲しいものが多いなら、十分なお金が必要です。

例えそうでなくとも、都市部は交通費がめちゃくちゃかかります。

ぼくも通学用の定期が切れてなかったので助かりましたが、下手をすれば交通費だけで5000円とか飛ぶところでした。

東京は物価がおかしいので気を付けましょう。

③なるべく単独行動をしない

→日本ではあまりないかもしれませんが、スーツケースガラガラしながら歩いていると、スリのターゲットにされやすいです。

キャッチの人とかもこういう「この辺に不慣れそうな人」を狙う場合もありますし、複数人でいた方が何かと便利です。

ただ一つだけ注意しなくてはいけない点があります。

それは、メンバーは必ず2人か4人以上にすることです。

4人の人間が集まった場合、4人で一組!というケースは稀です。

だいたいが3人:1人や、2人:2人に分かれます。

3人で集まった場合は1人だけが余る可能性が高く、3人で海外旅行に行ったら1人だけ誘拐された、みたいな事件もありますので、3人で行くのは避けてください。

④プリチャンは毎週ちゃんと観よう

→ライブ前に慌てて見ると、時間が足りません。

そうすると電車での移動中に見ることになるのですが、電車の中だとニヤけたりブツブツ独り言を言って楽しむという行為ができません。

なので、アニメを見るときは部屋に閉じこもって画面を独り占めしてみましょう。

⑤プリチケは食べてはいけない

→お腹、痛いいね。

-プリティーシリーズ
-,

Copyright© プリティー心理ズム , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.